オンライン カウンセリングはほぼ三日以内の対応が可能です。

親子の関係

1/4ページ

毒親を捨てたい

  • 2020.10.30

心理カウンセラーの渡辺由紀子と言います。 親に虐待された、とか、本当にやりたい道に自分の責任で進もうとしていたのに、許してもらえなかった。パートナーとの関係を、家のつり合いなど、相手とは関係ない点で反対された。 そんな時は、親を捨てるのもありだと思います。 捨てるという言葉は使いたくなくても、しっかり自分を通していく。大概、親が、捨てる気か、といった言い方をしてきます。 そんな時に、ひるまない事で […]

親への恨み が払拭できない時

  • 2020.10.23

心理カウンセラーの渡辺由紀子と言います。 親子関係のご相談は頻繁にいただいています。 親を恨んでいる。今も拘束されて辛い。そんな方には、親への絶縁を提案する事もまれにはあります。 それでも、実際のご相談で多いのは、親との関係が良いか悪いかわからない、何か窮屈で鬱陶しく思うのだけど、恨んでいるというのも違うと思う。 それでいて、実家に帰りたくない。母の日だの、親の誕生日だの忘れるわけにはいかない。お […]

毒親と言われたら親が謝罪すべき?

  • 2020.10.22

心理カウンセラーの渡辺由紀子と言います。 あんたみたいなのを毒親と言うんだよ!と子どもに言われた。私のクライアントさんの多くは、そんな事をきっかけに、カウンセリングに来てくださいます。 しかし、その何倍、何十倍、否、おそらく何万倍の方が、子どもにそんな言葉を浴びせられても、怒って終わりだと思います。 子どもというのは、わがままで、勝手な面もあります。 毒親呼ばわりされた時、親の側が反省して子どもに […]

子どもへの罪悪感が拭えない

  • 2020.10.16

看護師・心理カウンセラーの渡辺由紀子です。 子どもへの罪悪感のお話しはセッションでも沢山出てきます。守秘義務がありますので、具体的なお話しはできませんが、虐待めいた事をしてしまった、充分に手をかけてやれなかった、一人親にしてしまった、といった事にまつわるお話しです。 この罪悪感が、良い方に作用して、子どもに悪い事をしたね、ごめんね、と言えた。子どもと和解できた、というお話しもまれにはあります。 そ […]

「親がやらせたいことに」子どもが乗ってこない時

心理カウンセラーの渡辺由紀子と言います。 「今のうちからやっておくと得なのにな」「あんなに楽しい事なのに」「きっと向いていて才能を発揮できるだろう」そんな思いから、親が提案する事に、子どもがさっぱり乗ってこないという事があります。 3歳くらいから、思春期のお子さんまで、やらせたい事の内容は異なっても、親子の間におこっている事は、同じように見受けられます。 そんな事を振り返った上で、今、この時点で、 […]

子どもの幸せ 親の満足 一致するとは限らない

  • 2020.10.09

看護師・心理カウンセラーの渡辺由紀子といいます。 子どもの幸せをを願わない親はいないよ、これも、あなたの幸せを願っての事だよ。 親に、そう言われて育った方、子どもにそんな言葉を投げかけて育てた方は、決して珍しくないと思います。 そして、その思いにも嘘はないと思うのです。 それでも、親に気持もお金も充分にかけてもらて育ち、社会的に成功している人の中にも、言うに言えない親への不満がある。 毒親だの、ア […]

親の立ち位置 理解できなくても理屈や感情のままに接しない

  • 2020.06.27

看護師・心理カウンセラーの渡辺由紀子といいます。 子供の事を理解してやれば、良い子が育つか? 言葉は違ってもこんな趣旨のご質問を受ける事は多いものです。 しかし、実際は答えにくい質問。答えようがないような質問です。 理解という言葉も曖昧ですし、良い子というのが、どんな子供を指しているのかもわからないからです。 理解できなくても理解しよとする姿勢は見せる 逆から考える事はできそうな気がします。 親が […]

理解するって難しい けど 理解者でありたい

  • 2020.06.17

看護師・心理カウンセラーの渡辺由紀子と言います。 もの事を理解する難しさはいろいろです。学校で学ぶ事の理解もあれば、仕事上の指示もあります。 日常的なレベルでは困らなった事が、学ぶにつれて解らなくなる、といった事も起きてきます。 心とか、コミュニケーションにもそんな側面があります。 人を理解したいとあがいてみて、所詮、すべて理解するのは無理だと納得したころ、何となく人を受け止められるようになってき […]

良い親になりたいと悩むより 子供以外に目を向けてみる

  • 2020.05.13

看護師・心理カウンセラーの渡辺由紀子と言います。 親に大事に育てられたから、自分も親のように子どもを育てたい。そう言い切れる人は幸せです。 どれくらいの方が、そう言えるのでしょうか? 私はカウンセリングの仕事をさせていただくようになって、親との関係のお話しも沢山聴いてきました。 悩みや問題があるので、カウンセリングにこられるので、全体の中で、どれくらいの方が、親との関係に問題を抱えておられるかはわ […]

親に感謝はしてるけど 「ちょっと」と思っている方へ

  • 2020.05.06

看護師・心理カウンセラーの渡辺由紀子といいます。 母の日が近くなりました。この季節になると、やはり母親との関係絡みの話題は多くなります。 大概、「ちょっとね」という話です。 虐待されたわけではない。食事も用意してくれたし、学校も出してもらった。 そこに感謝もある。 憎んでいるとか、恨んでいるとかいう言葉はそぐわない。 それでも、「ちょっと」がぬぐえない。 ちょっと、鬱陶しいちょっと、好きになれない […]

1 4
PAGE TOP